公認会計士

公認会計士になるためにかかる費用がどれぐらいか知っておこう

    

公認会計士になるためには、どのような費用がかかるのでしょうか?かかる費用に関しては、どのような環境で勉強するのかによって大きく異なってきます。公認会計士を受験するのに、学歴は関係ありません。ですが、合格率が10%前後と非常に難しい試験内容になっています。

そのため、なかなか独学で勉強し、試験に合格するのは難しいため、多くの人が学校へ通っています。学校と一言でいっても、いろいろ種類があり、資格取得のための専門学校、通信講座、大学の経済学部や商学部で学ぶケース。また会計大学院も存在します。

それぞれかかる費用の相場は、専門学校や通信講座の場合は、授業料とテキスト代で100万円~200万円程度かかります。大学の経済学部や商学部で学ぶ場合は、国公立大学で授業料が4年間で250万円~、私立大学になると450万円~になります。ただし、注意をして欲しい事は、大学の経済学部や商学部が公認会計士に合格するための受験対策用の講義を行っているわけではありません。

また大学のレベルによって内容も大きく異なり、周囲の学生も大学生活はサークルやコンパなど遊ぶ事を目的としている学生が多いと、その中で4年間公認会計士になるための勉強を続けるためには、非常に強い意志が求められます。そして経済学部や商学部など、会計学や経済学など、公認会計士の勉強に役立つ教科もありますが、大学の勉強さえしていれば、公認会計士の試験に合格できるというものではありません。

真剣に在学中の合格を狙うのであれば、大学と専門学校をWスクールする学生も少なくありません。さらに大学卒業後に、会計大学院で2年間勉強するためには、国公立で150万円、私立で300万円程度の費用がかかります。費用という面で見ると、学生生活でかかる費用は授業料だけではありません。

進学のために状況して、一人暮らしをしているという学生も少なくないでしょう。加えて、受験をしたからといって1回で合格するのは、至難の業です。論文式の試験に関しては1年で1回しか試験が行われていないため、試験に落ちるとまた1年間勉強をする必要があります。

そうすると、どんどんかかる費用は加算されていきます。